特殊外来と一般外来



    アトピー外来
 

お薬の使い方や塗り方そして使用する量には決まりがあります。 アトピー外来は薬の使い方とその意味を理解する教室です。
外来では、個々の患者さんにあった保湿剤やステロイド・プロトピックの使い方―薬の強さと場所そして使用量と使用期間さらにお薬を休んだり、再開する目安となる症状をご説明します。通常は1-2週間に1回、3-4回で治療方針が決まります。あとは急に悪化しなければ一月に1回程度の通院でコントロールします。
乳幼児では悪化要因のかなりの部分を食物が占めますので、原因を血液検査やパッチテスト・プリックテスト(当院で施行します)でおよそ判断できます。しかし成人の場合は悪化要因が多岐にわたりますので、悪化要因の検索はなかなか難しいのです。
最近の治療上の進歩はTARC(タルク)を調べることで、症状の重症度が数値で示すことができるようになりました。重症度なら症状を診れば判るようなものですが、見た目良くても充分に炎症が抑えられていない場合は数値が高くなり、治療を続ける必要があります。この点が最も重要です。
理由は、患者さんの多くはステロイドに対して何らかの不安を持っておられ、塗りすぎを特に心配されます。その結果ステロイド使用量が必要量に対して少なくなる傾向があります。 TARC検査はステロイド使用量を客観的に示す指標になります。
ほとんどの方は通常の治療(ステロイド・タクロリムス・保湿剤・抗アレルギー剤)を継続することでコントロール可能です。
漢方薬はどの患者さんにも良く効くというわけではありませんが、極めて有効な例があります。保険で処方できますし副作用も少ないので、ぜひ試みてよい治療法です。
難治・重症の方にはNB-UVB療法(ナローバンドUVB)やシクロスポリン http://www.neoral.jp/atopic/index.html という選択肢もあります。

 
  アトピー性皮膚炎について 一緒に考えましょう
    九州大学 古江教授のサイト
     
  成人アトピー性皮膚炎とネオーラル
     
  アトピー性皮膚炎の説明
     
  アトピー性皮膚炎ドットコム
     

    乾癬外来
 
大学病院以外ほとんど設置されていない全身型ナローバンド照射装置や局所型エキシマレーザー(VTRAC)を設置しています。
フラットベッド型UVA照射装置を光線療法(narrow-band UVB)、光化学療法(PUVA)をはじめ、エキシマレーザー(VTRAC)も使用し、活性型ビタミンD3軟膏、シクロスポリン(ネオーラル)、ビタミンA酸(チガソン)などを用いて集約的な治療ができます。
また極めて重症の場合は、速やかに関西医科大学での入院加療を行います。
当院の治療データを付記しています。ご興味のある方はご覧ください。


  シクロスポリンによる治療法
     
  乾癬の説明
     

    かぶれ・光線過敏症外来
 
原因物質をパッチテストや光線テスト、光パッチテストで調べます。

  皮膚科学会 皮膚科Q&A かぶれ
     
  接触皮膚炎の説明
     
 

    脱毛症外来 (円形脱毛症・病的脱毛)
 
治療法は年齢と病型によって若干異なります。当院で行っているDPCP(diphenyl cyclopropenone)やSADBEによる免疫療法は治療法として強く推奨されています。ステロイドの外用は全例に、局所注射は病型によっては有効です。PUVA療法は成人で時間が経過した患者さんに用いられます。急速に進行した発症時期の浅い重症の患者さんには3日間入院(大阪大学もしくは関西医科大学)してのステロイド・パルス療法をお勧めしています。また当院に導入した308nmの波長を照射するVTRACの高い有効性も最近報告されるようになりましたので試みてよい治療法です。

  皮膚科学会 皮膚科Q&A 脱毛症
     
  日本皮膚科学会円形脱毛症ガイドライン
     
  円形脱毛症National Alopetia Areata Foundation
     
  円形脱毛症の説明
     
 

    白斑外来
 
体に突然生じる完全脱色素斑を尋常性白斑といいます。
原因としては自己免疫説が有力です。
治療はPUVA療法、そして特にnarrow-band UVB、エキシマレーザー(VTRAC)が極めて有効です。
ご興味をお持ちの方は、当院の治療データをご覧ください。

  日本皮膚科学会 Q&A 白斑
     
  白斑の説明
     

    光線・光化学療法外来
 
これらの治療法は、アトピー性皮膚炎、乾癬、掌蹠膿疱症、類乾癬、透析後の掻痒、尋常性白斑、円形脱毛症、結節性痒疹、色素性蕁麻疹、日光蕁麻疹、菌状息肉症、セザリー症候群など様々な疾患に有効です。
当院では大学病院でも、ごく僅かの施設にしか導入されていない全身型narrow-band UV照射装置と極めて強力なエキシマレーザーを使った局所照射用のVTRACを設置し光線療法・光化学療法の充実をはかっています。この優れた治療システムにより、関西医科大学と提携し効率的かつ治療利便の向上に努めています。ご興味のある方は、治療データおよび治療プロトコールをご覧下さい。
     
  光線療法の説明
     
  日本皮膚科学会
尋常性痤瘡治療ガイドライン
     

    にきび外来
 
通常の治療の他に、ケミカルピーリングなどを含め総合的に加療致します。米国標準のトレチノインによる治療も可能です。
 
  皮膚科学会 皮膚科Q&A にきび
 

    多汗症外来
 
治療は20%アルミニウム水溶液(自費薬ですが廉価です)の塗布、イオントフォレーシス(保険適応)や抗コリン性鎮痙剤や自律神経調整剤の内服を行います。ボトックス局所注射は有効で推奨されますが、保険適応がなく治療コストが極めて高額となりますので、当院では現在のところ行っておりません。胸部交感神経遮断術(Endoscopic throracic sympathectomy ETS)についてはご説明致しますが、代償性発汗が問題でご本人の充分な理解が必要です。

  日本皮膚科学会多汗症診療ガイドライン
     
  多汗症の説明
     

    粘膜 (舌・口腔・外陰部・肛囲)
 
皮膚科の守備範囲は舌、口腔粘膜、眼や耳の皮膚、外性器や肛門周囲まで及びます。どの科で診てもらったらわからない時は、皮膚科にご相談ください
 

    巻き爪外来
 
VHOや形状記憶合金ワイヤーを用いた無痛治療が可能です。
 
治療法
 
VHO:
従来の説明と写真
施術からおよそ3ヶ月をかけて矯正し、軽度のものは1回で完了します。
処置は20分ほどで終了し、処置直後から痛みが解消します。
無痛治療です。但し炎症が強い場合は先に炎症を抑える治療が必要です。

  巻き爪矯正技術 VHO

自費治療で、 初回 ¥15000   
同じ爪では 2回目以降 ¥8000
 
まち法:
形状記憶合金製のワイヤーを爪の先端に入れて矯正します。無痛です。
巻きが軽度で先端のみの場合が対象になります。
施術後およそ1ヶ月で改善します。1本のワイヤーで2-3回施術可能です。
自費治療で ¥4000 
使用可能なワイヤーが残っていれば施術費用は ¥1000 です。
 
人工爪:
局所麻酔下にフィルム状の人工爪をつくり、巻きを矯正します。 やや時間と局所麻酔の負担がかかりますが、保険で治療可能です。
 
炎症と肉芽:
爪の周囲の皮膚が紅く脹れ盛り上がっている場合は、これを先に治療しなくてはなりません。保険治療です。
 

    フットケア (魚の目・たこ)
 
足のさまざまな疾患、卑近な例では水虫、しもやけ、静脈瘤、魚の目(鶏眼)やたこ(胼胝)の治療を行います。特に糖尿病のかたは感染や壊死を生じやすいのでご注意ください。
 
  皮膚科学会 皮膚科Q&A イボとミズイボ、ウオノメとタコ
 

    皮膚外科外来
 
外来で「ほくろ」や「アテローム」などの除去を行います。
症状や部位によって、高周波ラジオ波メスや、ダイオードレーザーを使用します。
 

    在宅医療
 
寝たきりの方などの往診を致します。
(一度お電話を頂き、相談の上致します。)
 


menu
あなたの皮膚科診察室









社団法人
  日本皮膚科学会
紫外線治療器
  VTRAC
爪矯正具
  多摩メディカル
巻き爪矯正技術VHO